不動産とタイムシェアの違い/ハワイ移住計画「ハワイファン!」

HOME >  お役立ちコンテンツ >  ハワイ不動産のマメ知識【不動産とタイムシェアの違い】
お役立ちコンテンツ ハワイ不動産のマメ知識【不動産とタイムシェアの違い】

不動産とタイムシェアの違い

旅行以上暮らし未満でハワイを楽しみたい方に人気のシステム「タイムシェア」が注目されています。
ホテルや一戸建てなどを週単位などで所有するスタイルで、誰でも気軽にリゾートを楽しむことが出来ます。プログラム内容次第ではハワイのみならず世界中のリゾートが身近でリッチになるこのタイムシェア。
アメリカではきちんと法整備もなされ、一般的な不動産システムとして認知されています。
ここではタイムシェアの特徴を知り、メリット、デメリットから通常の不動産購入を比べてみます。

今注目のタイムシェア。そのメリット

タイムシェアシステムを更に詳しくご説明します。
1年を7日(1週間)で割ると約52週。年に一回部屋の補修メンテナンスに充てる法律があるので、52週から1週引いた51週をさらに1週ずつ分けて販売する方法をタイムシェアと言います。
その名の通り、時間を共有し分け合うシステム。最大51名のオーナーで権利を分け合うことから費用がぐっと抑えられ、憧れの豪邸からクルーズ船、お城まで所有することが出来る仕組みです。別名「バケーションオーナーシップ」。常に居住する訳ではない、別荘を購入出来るほど資産がある訳ではない、車を買い替える感覚で気軽に不動産を所有したいと考える方に大人気です。

元々フランスで始まったこのシステムはアメリカで法整備がなされ、今ではハワイをはじめとする各リゾート地で積極的に取り入れられている不動産売買方法です。
売却価格はその物件によって様々ですが、購入後は年間およそ500ドル程度の管理費がかかる程度で、宿泊の際5~7ドル程度の宿泊税を払うのみ。実質無料宿泊が可能です。
予約方法にはフィックス週とフロート週とがあり、フィックス週の場合、51週のうち何番目の週に所有権を持つかを予め決めるもので、フロート週は事前に予約し使用したい週を決めるシステムがあります。

タイムシェアは不動産として登記されますので、譲渡や転売も可能。日本ではまだ不動産のシステムとして一般的ではない為、法整備がなされておらず、相続税がかからないメリットもあります。

また、ポイント制を導入しているところも多く、対象物件以外のサービスと交換することも出来るので、グループホテル、加盟ブランドのサービスに交換することも出来、楽しみ方いろいろあります。

タイムシェアのデメリット

最大51名のオーナーからなるタイムシェアで起こりうる問題の一つに滞在時期の限定にあります。
希望の滞在時期に、別のオーナーの予約が入っていると当然使うことが出来ません。
好きな時に気軽に滞在出来るとは限らない為、そこをポイント制で是正を図るシステムを導入しているのです。
所有する1週間をポイント換算し、そのポイントを利用して、別タイプの部屋に宿泊出来たり、航空券に変えられたり、また、各国の系列ホテルと交換出来たりするプランが用意されています。

その他、毎年管理費の支払いが必要となり、メンテナンス費用の他に、光熱費、固定資産税、保険料等が含まれているので、決して小額ではありません。
あまり利用されない方、他にももっといろんな場所に滞在してみたい方にはあまり向いていないシステムです。

不動産購入?タイムシェア購入?

上述の通り、通常の不動産とタイムシェアにはそれぞれの特色、性格があり、それぞれメリットとデメリットがあることが分かりました。
どちらが良いかは、購入される方の予算、目的、使用頻度次第。ただ共通して言えることは、ハワイの不動産は非常に需要が高く、不動産取引も東京の2倍以上。
買い手不足に陥ることが少なく、安定した資産と言えることです。
ハワイ不動産事情を知れば、更にハワイライフが身近で気軽なものになります。

愛犬とのハワイ渡航を実現!ハワイドッグ
ハワイ移住計画のススメ ハワイ移住の流れ ハワイ不動産購入のコツと流れ ハワイLIFEインタビュー ハワイの語学留学 ハワイで会社設立学 お役立ちコンテンツ
ページトップ