ハワイの不動産を決める3要素とは/ハワイ移住計画「ハワイファン!」

HOME >  お役立ちコンテンツ >  ハワイ不動産のマメ知識【ハワイの不動産を決める3要素とは】
お役立ちコンテンツ ハワイ不動産のマメ知識【ハワイの不動産を決める3要素とは】

ハワイの不動産メリット

ハワイの不動産の最大メリットは安全な資産だということ。
規制が少なく、外国人でも売買が出来やすくなっている。不動産市場が不況の中、賃貸物件には大幅な変動がなく、賃貸は上昇しており安定した安全資産だと考えられています。
アメリカ人はライフスタイルに合わせ7年ほどで家を新しく購入するので、習慣上常に不動産の需要があります。
アメリカの不動産には、新築・中古という概念がないので価値も大幅に下がるということはありません。
適切なメンテナンスをすることで価値を維持することが出来ます。


≫ ハワイの治安や天候

日本の不動産は人口の減少、震災での影響が大きく左右されます。
アメリカでは、治安の悪さや人口の移動に左右されます。
ハワイでは、そういった心配はなく、ハワイは温暖化で湿気も少ないので、体への負担もなく快適に過ごすことが出来ます。

≫ 日本人が多く暮らしやすい

ハワイはアメリカの一つの州です。日本人も多く、その最大派はアジア民族であり、その中でも日本人が多数派ハワイに住んでいます。
日本人も多いことから、日本人向けのサービスも充実していて、日本人が海外で投資するには馴染みやすい地域になっています。
日本人が多いので安心して暮らせます。

ハワイの不動産を決める3要素

≫ 第一要素:ロケーション

ハワイの物件価値を決める最大のポイント立地の状況が大きな鍵を握ります。それは、ロケーション。
ハワイの中でも、ダウンタウンより東側のカカアコ、アラモアナ、ワイキキ、カハラ、ダイアモンドヘッド地区の物件価値が高くなっており、それよりもハワイカイ、カイルア地区は最も物件価値が高くなっています。

≫ 第二要素:オーシャンビュー

ハワイのイメージでは、海が見えるロケーションを想像すると思いますが全地域がそういう訳ではありません。海が見られる場所は限られています。

こういった色々な立地状況があります。
アラモアナ大通りを挟み、目の前にはアラモアナビーチパークがあり、目の前には、海があります。

≫ 第三要素:ダイアモンドヘッド

こうした立地状況に加え、ダイアモンドヘッドが見えるとなるとさらに価値は上がります。
なんで「ダイアモンドヘッド?」と思うかともいますが、現地のハワイの不動産物件を載せているデータベースにも、眺望の中にも“ダイアモンドヘッド”と重要視されています。
ホクア、ナウルタワーからはビルの真ん中あたりからダイアモンドヘッドビューがあるユニットがあります。
この条件に「ロケーション」「オーシャンビュー」が備わっているとほかの物件より、価値が高くなっており、価値が下がりにくくなっているのが分かります。
この二つの立地状況を備えているのが、コンドミニアムです。
築30年以上たっていますが、いまだに価値が安定しています。

コンドミニアム以外にも、ホクア、ナウルタワー、1350アラモアナ、ヨットハーバーなども上記の要素を備えたユニットがあります。
理由はこういった最高な立地状況を備えているからでしょう。
上記の価値を備えていれば、価値が下がりにくく、将来返却の時もとても有利になります。
ハワイの不動産は不況になっても、魅力のある不動産なので、不動産の価値の変動があまりないハワイでは、買い手が次々現れるので、価値を維持出来、価値の下落がほとんどないことが、魅力になります。

愛犬とのハワイ渡航を実現!ハワイドッグ
ハワイ移住計画のススメ ハワイ移住の流れ ハワイ不動産購入のコツと流れ ハワイLIFEインタビュー ハワイの語学留学 ハワイで会社設立学 お役立ちコンテンツ
ページトップ