ご当地グルメ/ハワイ移住計画「ハワイファン!」

HOME >  お役立ちコンテンツ >  ハワイを楽しむ【ご当地グルメ】
お役立ちコンテンツ [ご当地グルメ]
ハワイで人気のご当地グルメをご紹介致します。
地元で愛されているグルメから、流行のグルメまで。
いろんな味が楽しめるのがハワイの魅力です。
一流レストランでのお食事も良いですが、ハワイに行ったなら手軽に味わえるハワイならではの地元の味も楽しんじゃいましょう。
食べ歩き出来るようなファストフードやアイスクリームなどもありますので、 ハワイの景色を堪能しながらハワイアンフードを味わってみてはいかがでしょうか。

ご当地グルメ

 ロコモコ

ロコモコは、1949年に日系人の営む小さなレストランが発祥と言われています。
当時は、どんぶりによそった白米の上に、ハンバーガーのパティとグレービーソースをたっぷりとかけたもので、若者向けの手軽な食事だったようです。
現在では、白いご飯の上にハンバーグと目玉焼きをのせて、グレービーソースをかけたものが一般的。

 ガーリックシュリンプ

エビをたっぷりのガーリックバターで炒めたシンプルな料理。
エビの養殖が盛んなノースショアで生まれたB級グルメのナンバーワンです。
香ばしい香りが食欲をそそる!エビをすりおろした玉ねぎとガーリックに漬け込んで、じっくりと味をつけるのが特徴です。

 ププ

ププはハワイ語の言葉で前菜のこと。
ハワイのレストランでは、工夫に溢れた盛り合わせが楽しめます。
アボガドディップやアヒとクリームチーズのポキ、サーモンのディップ、サーモンとアボガド生春巻きなど。
お酒のおつまみもププと呼ばれることがあります。
カクテル片手に、会話も弾みます。

 スパムむすび

ハワイ在住の日系アメリカ人によって、第二次世界大戦後に考えられたものと言われています。
日本のおむすびとアメリカ軍の食料だったスパムをもとに作られた、ハワイの昼食・おやつです。
これは、コンビニやファストフード店などで気軽に購入することが出来ます。
日本ではスパムが一般的ではないので、ハワイで初めて見たということが多い食べ物です。

 シェイブ・アイス

ハワイ版のカキ氷。
ノースショアが発祥の地と言われていますが、ワイキキにも老舗の専門店があります。
粉雪のように、フワっと溶ける食感は、一度食べたら病み付きになること間違いなし!
シロップもたくさん種類があり、練乳、抹茶、白玉、あずき、バニラアイス、プリンなどのトッピングが選べるお店もあります。
見た目もカラフルで、楽しくなります。

 アサイボウル

「アサイ(アサイー)」とは、ブラジル原産のブルーベリーのようなフルーツ。
豊富な鉄分に、食物繊維やカルシウムも含まれているので、朝食にピッタリです。
バナナやイチゴなどのフルーツと、グラノーラがトッピングされています。
スムージーも人気。


 プレートランチ

ライス+肉や魚のおかず+マカロニサラダが盛られているプレートは、ハワイでのランチとして、一般的です。
手軽に食べられるので、ハワイに行ったときはぜひ召し上がってみて下さい。
お店によってメニューもボリュームも値段も違うので、食べ歩いてお気に入りのお店を見つけるのもおすすめ。

 マラサダ

マサラダはポルトガルのドーナツ。
甘くて熱い軽くもちもちの食感はハワイでは広く愛されています。
ベーカリーで出来たてのものを食べるのも良いですが、テイクアウトしてお気に入りの場所で食べるのも良いですね。
テイクアウトするときは熱々のものだと周りの砂糖が溶けてしまうので、テイクアウト用に冷ましてあるものを購入するのがコツ。

 パンケーキ

ハワイでは朝ごはんの定番なのが、パンケーキ。
現在、ハワイと日本で注目を浴びているパンケーキのお店が「カフェ・カイラ」です。
オーナーのカイラさんの料理好きが高じて2007年にハワイにオープンしたカフェは、2011年に「ハレ・アイナ賞」の朝食部門で金賞を受賞。
名実ともに地元民のお染み付きのパンケーキとなりました。
日本の表参道の「カフェ・カイラ」もハワイ同様、連日大勢の人で賑わっています。
フルーツがたっぷり乗ったパンケーキは必見!

愛犬とのハワイ渡航を実現!ハワイドッグ
ハワイ移住計画のススメ ハワイ移住の流れ ハワイ不動産購入のコツと流れ ハワイLIFEインタビュー ハワイの語学留学 ハワイで会社設立学 お役立ちコンテンツ
ページトップ