マリンスポーツ/ハワイ移住計画「ハワイファン!」

HOME >  お役立ちコンテンツ >  ハワイを楽しむ【マリンスポーツ】
お役立ちコンテンツ [マリンスポーツ]
ハワイを楽しむなら、マリンスポーツは欠かせません!
ハワイの透き通った海・輝く太陽・心地よい風・・・。ハワイの自然の全部を全身で満喫しましょう。
シーウォーカー、バナナボート、バンパーチューブ、ジェットスキー、スキューバーダイビング、 シュノーケル、カヌー、ウィンドサーフィンなど、数多くの種類があり、 初心者から上級者まで楽しめる様々なコースがありますので、ハワイ滞在中はぜひトライしてみたいもの。
この頁では、ハワイで楽しめるマリンスポーツをいくつかご紹介致します。

マリンスポーツ

 シュノーケリング(Snorkeling)

シュノーケリングは、初心者でも簡単に始められるのが魅力。
シュノーケルのセットさえあれば、ビーチに程近い浅瀬でチャレンジ出来ます。
海では、日本ではお目にかかれない色鮮やかな魚たちが泳ぐ姿を見ることが出来ます。

 シーウォーカー(Sea walker)

シーウォーカーは、海上から酸素を供給する潜水用のヘルメットをかぶって海底を散歩するもの。
方まですっぽりとヘルメットに覆われているので、呼吸は陸上と同じように楽に行えますし、メガネ・コンタクトをしている方やメイクをしている方も、水濡れの心配がなくて安心です。

 スキューバダイビング(Scuba diving)

ハワイの海は、サンゴ礁で覆われた神秘的な世界。
熱帯魚やウミガメに遭遇出来るポイントがたくさんあります。
初心者向けの体験ダイビングから、講習を受けて資格を取る本格的なダイビングまで、コースもいろいろ。

ハワイの海で出会える生き物たち(一例)

・Honu(ウミガメ)
・Mano(オヤピッチャ)
・Humuhumunukunukuapuaa(タスキモンガラ)
・Hinalea(クギベラ)
・Weke, Oama(アカヒメジ)
・Uhu(ブダイ)
・Taape(ヨツスジダイ)
・Papio(シマアジ)

 フィッシング(Fishing)

ハワイでフィッシングといったら、クルーザーの上で大物を狙うトローリングのスタイルが人気です。
ブルーマリンと呼ばれるクロカジキを釣ることは、アングラー(釣り人)にとって、まさに憧れ。
また、手軽さで人気を集めているのは、ワイキキ沖やカウアイ沖でのフィッシングで、カツオやマヒマヒなどが良く釣れます。
夕方から船を貸しきれば、サンセットやハワイの夜景も一緒に楽しむことが出来ます。

 ウィンドサーフィン(Windsurfing)

穏やかな海で楽しむものだったウィンドサーフィンも、ハワイの強い貿易風との出会いで、ウェーブライディングのスタイルへと変化しました。
オアフ島のカイルアビーチはウィンドサーフィンのメッカと言われています。
安定した貿易府に恵まれているので、初心者から上級者まで楽しめます。

 ジェットスキー(Jet ski)

日本では免許が必要なジェットスキーですが、ハワイでは16歳以上なら免許がなくても運転することが出来ます。
海面をすべるようなスリル満点の体験は、きっと忘れられない思い出になるでしょう。
運転にはくれぐれも細心の注意を払って下さいね。

 バンパーチューブ(Bumper Tube)

モーターボートに引かれながら、波を越え、飛んだり跳ねたりのエキサイティングな体験が出来るのはバンパーチューブ。
爽快で気持ちの良いマリンスポーツです。

 バナナボート(Banana boat)

バナナの形をしたゴムボートで、ハワイの海を楽しみます。
引いているモータ-ボートがスピードを上げれば、スリルもアップ。
誰でも気軽に参加出来るマリンスポーツなので、家族で楽しむならバナナボートがおすすめです。

 パラセイリング(Parasailing)

ハワイの景色は空からでも楽しめます。
眼下に広がる果てしなく続くコバルトブルーの海を独り占めしたような気分にさせてくれるのが、パラセイリング。
2人で乗ることが出来るパラセイリングもあるので、同じ感動を2人で分かち合うことも出来ますよ。

マリンスポーツのお役立ちアイテム

ハワイでのマリンスポーツを楽しむなら、水着やタオル、日焼け止めを持っていくのがおすすめ!
反対に、アクセサリーなどは紛失しやすいですし、他人を傷つける恐れもあるので身に付けないようにしましょう。

愛犬とのハワイ渡航を実現!ハワイドッグ
ハワイ移住計画のススメ ハワイ移住の流れ ハワイ不動産購入のコツと流れ ハワイLIFEインタビュー ハワイの語学留学 ハワイで会社設立学 お役立ちコンテンツ
ページトップ