ハワイの医療事情/ハワイ移住計画「ハワイファン!」

HOME  >  お役立ちコンテンツ  >  ハワイの生活事情を知ろう【ハワイの医療事情】
お役立ちコンテンツ ハワイの生活事情を知ろう【ハワイの医療事情】

ハワイに長期滞在することや、移住を考えた時、健康管理が気になる方も多いのではないでしょうか。食生活や環境が変わると、体調にも不安を感じることがあると思います。
もし、ハワイ滞在中に、病気にかかることやケガをしてしまうことがあった場合、どう対処すれば良いのか、現地の医療施設や保険についてご紹介していきます。

ハワイの医療事情

まず、アメリカは日本より医療技術が進んでいるため、もしハワイで発病することや、ケガをすることがあっても、心配する必要はありません。大小さまざまな病院があり、特に、観光地であるワイキキなどでは緊急医療サービスも提供されています。日本人向けに、日本人の医師や日本語が話せる看護師を常駐させた病院が存在し、サポート体制が整っています。
しかし、アメリカには公的健康保険がなく、医療費が日本より高く設定されているため、日本の10倍の医療費がかかると言われています。
たとえば、虫歯1本の治療にも約10万円の医療費がかかるのです。
日本とは違い、救急車を呼ぶのも有料となっており、連絡先は、救急・警察・消防共に「911」です。

保険制度

日本で医療保険に加入されている方は多いと思いますが、ハワイでは適用することが出来ないため、多くの旅行者はもしもの場合に備えて、海外旅行傷害保険に入られると思います。
ですが、長期滞在となれば、現地の医療保険に加入することもおすすめです。
医療事情でお伝えしたように、アメリカにある公的な健康は、65歳以上の高齢者と身体障害者を対象としたメディケアと低所得者を対象としたメディケイドの2種類しかないので、医療保険を扱う会社と個人で契約することになります。

ハワイでは、「HMSA」「HMAA」「カイザー・パーマネンテ」などが有名です。ハワイの病院に行くと、どこの保険に加入しているかを尋ねられます。これは、病院によって、適応する保険会社と適応しない保険会社があるためです。

ホームドクター

ハワイでは、ホームドクター制度が発達しており、住民登録をすると公的な電話帳を市役所から渡され、主治医を選ぶことが出来ます。身体の不調はまずこのホームドクターに相談し、入院や手術が必要な場合は、ホームドクターが手続きを行います。つまり、日本でいうかかりつけの医師を確保しておく制度です。

医師の選択は、個人でも家族単位でも可能ですが、加入する医療保険の種類によっては、保険会社が指定した医師の中から選択しなければならないこともあります。医師とは24時間連絡が取れる状態にあるので、ハワイで安心した生活を送るためにも欠かせない存在だと言えるでしょう。

ホームドクターを決めていない場合でも、きちんと治療を受けることが出来ます。ハワイの病院では予約制のため、緊急の場合を除いては、必ず予約を入れてから受診することになります。予約を怠ると、場合によっては長時間待たされることや診てもらえないことがあるので注意が必要です。また、服用中の薬があれば、持参しましょう。

日本語が通じる医療機関

ちょっとした腹痛や、すり傷程度であれば滞在中のホテルのフロントで傷薬を貰える場合もありますし、日本の市販の薬が販売してあるショップもあるので、問題ないのですが、急な発熱や激しい痛みがある場合は我慢せず、病院を受診することをおすすめします。
しっかりと症状を把握してもらうためにも、日本語が通じる医療機関をご紹介します。

総合内科

  • 聖ルカクリニック
    住所:1441 Kapiolani Blvd アラモアナビル20階
    TEL:808‐945‐3719
  • ワイキキ・メディカル・クリニック
    住所:2222 Kalakaua Ave ギャラリアタワービル6階
    TEL:808‐921‐0330
  • ドクターズ・オン・コール
    住所:120 Kaiulani Ave シェラトン・プリンセス・カイウラニ・ホテル1階
    TEL:808‐971‐6000
    住所:2005 Kalia Rd ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ レインボー・バザール2階
    TEL:808‐973‐5250
  • ワイキキ緊急医療クリニック
    住所:2155 Kalakaua Ave バンク・オブ・ハワイビル3階
    TEL:808‐924‐3399
愛犬とのハワイ渡航を実現!ハワイドッグ
ハワイ移住計画のススメ ハワイ移住の流れ ハワイ不動産購入のコツと流れ ハワイLIFEインタビュー ハワイの語学留学 ハワイで会社設立学 お役立ちコンテンツ
ページトップ